上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.21 徘徊?対策
お水を求めて三千里、途中でパタンと行き倒れ。
何だか「徘徊老猫」さまの様相を呈してきたような…(^^;)

昨夜は合計で10回以上お水サポート+トイレサポートに起き出した介護人。
けれど
そのうちの3回、失敗をしてしまった。
気がつかないうちにうーちゃんが一階に降りてしまっていたのだ。
そう、3回も(T_T)

そんな体力があったのか、と喜んでいる場合ではない。
あの足取りでは転落事故も時間の問題。
しかも
3回のうち2回までが玄関扉の前でスフィンクスになっていたのだ。
大急ぎでレスキューしたけれど
手足どころか身体もずいぶん冷えてしまっていた。

真夏でもそんなところで涼んだ事がないうーちゃんなのに
…これはいよいよ低体温に陥ってしまったという事か(T_T)


考えた末
夜の間だけ、階段を封鎖させていただく事にした。
…とは言っても
本格的に通行止めにするのが目的ではない。
うーちゃんがガサゴソする気配で介護人が目を覚ませればそれで良い。
その後は
いつものように抱っこでご案内したり
場合によっては注意深く見守りながら一緒に降りて行けば良いのだから。
それなら玄関前で冷え冷えという事態も防げるし。




メッシュパネル×2枚で製作。







鈴さん、うーちゃんが来たら教えてくださいね♪

080621b.jpg





うーちゃんの行動を制限してしまうのは本望ではない。
ならばパーフェクトに起きるしか方法はないのだけれど…
これが今の介護人には精一杯。

うーちゃん、不甲斐無いねーちゃんてゴメンナサイ(T_T)
でもね、頑張ります、
たくさんたくさん頑張りますから。
これからもご指導、よろしくおながいしますね。





世話の焼けるヒトですねえ…。

080621c.jpg













ハル五郎どん
胸張って行っておいで!

どこにいたってオイラ達は仲間だよ。
いつまでも変わらない仲間だよ。

おかも姐さんに可愛がってもらうんだよ。



kumokiri.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。