上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ数日うーちゃんの「ググゥゥ…」が本格的になって来たので
マリンカの装備をペットボトル製の酸素マスクから
自作の酸素テントにグレードアップする事にした。

昨日
スタンバイさせてあった一式をガサゴソと取り出して設置してみると。

…うっ。
思わぬ落とし穴。

何と…暑いのだ。
これを考えたのは真冬だったので「暑い」などという発想は皆無だった。
けれど実際
この時期になると、ビニールで覆われたテントでは中が蒸し暑いのだ。

シマッタ(^^;)

もっと暑い季節になればエアコンをオンにして…とも思うのだけれど
何とも中途半端なこの季節。
あらあら困った。

早速
以前から目を付けていた「苗ドーム」を買いに走る。
もっと大きいサイズがあればそのままテントに使えるのにな、と思っていた物だ。
で、どうしたかと言うと。




うーちゃんの肩口くらいが入るようにカットして
切り口をテープで保護。(ビンボー臭い…)






天井には穴が開いているので、シールで塞ぐ。(何故にニコニコマーク…)

080611b.jpg





下部には一応、二酸化炭素排出用の穴×3。(もっとキレイに切りなさいよ…)

080611c.jpg





はい、どーぞ♪

080611d.jpg
                       (昨日撮影)




お顔だけテントと言うか、巨大酸素マスクと言うか…。
とにかくこんな物が出来上がった。
うーちゃんも違和感は感じていないようだ。

今日の様子でもっと改良を加えようと思っていたのだけれど
幸い、今日はかなり呼吸が落ち着いている。
なのでまた、ペットボトル製の酸素マスクが再登場。
この「超簡易酸素テント」の改良はまたの機会に…
そうだな、あと100年後くらいにしたいものだ。



今日のうーちゃんはなかなかのご機嫌さま。
明け方、胃液ケーはあったけれど
それ以降はまだ一度もケーに見舞われていない。
そして夕方一度だけ…
たった一度だけだったけれど介護人の話に相槌を打ってくれた。

「うーちゃん、○○○ですねえ~」

そんな風に語りかけるのがごく普通になっている介護人
ここしばらくはただひたすら「独り言」状態。
そんな介護人にとって
今日のうーちゃんのひと言がどれほど嬉しかった事か(T_T)

…うーちゃん、アリガトウ。

今日も明日も明日の明日も
もっともっと「たくさん明日」も…
ねーちゃんは元気モリモリで頑張れます。







はいはい、わかりましたから。(←と言われたような気が…)

080611e.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。