上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.24 探しモノ
…カンベンしてくれい。

昨夜遅くに、またしても大量ケーに見舞われてしまった。
今度は何と、シッコをしたはずみでのケー。
一体どれだけ気持ちが悪かったのだろう、可哀想に(T_T)

プリンペラン注、及びタガメット注に告ぐ。
うーちゃんが大怒りする程沁みるくせに、キチンと仕事をしないとは何事か。
…ブッ飛ばすぞ(←オイオイ)

またしても
箱座りで小さく固まり、首だけを投げ出すという
いかにも辛そうな寝姿に戻ったうーちゃん。
今朝になってもそう大きな変化はなく
今日は休診日という事もあってトホホな気分の介護人だった。


けれど。
お昼少し前になって、やっと、うーちゃんが「ほどけている」のを確認。
かなり控えめではあるけれど手足を投げ出して横になれている。
表情も穏やか。

少しでも楽になったのだと思ったら嬉しくて
思わずそばに座り込んで、じーーーーっと見つめてしまった。
すると
殺気を感じたのか(笑)うーちゃん、パチッとおメメを開けた。
なのでそーっと頭をナデナデしたら…
小さな、本当に小さな声で「ふるるぅ~」。
更に嬉しくなった介護人、ナデナデを続けたら
うーちゃん、いつの間にかゴロゴロと言ってくれていた。

21年間、当たり前のように聞いて来たゴロゴロ。
何千回、何万回、
もしかしたら何億回も聞いて来たゴロゴロ。
…決して当たり前のものではなかったのだなあ。
こんなに、こんなに嬉しくて有難いものだったのだなあ。

その後
ブラッシングはどうかな、と思い
久し振りにそっとブラシを当ててみると、うーちゃん、まんざらでもない様子。
考えてみれば
毎日自分から催促してくれるくらい大好きだったのだ、ブラッシングが。

コロンコロンと体勢を変えながら
小さくゴロゴロを続けてくれるうーちゃん…。





キモチいいよ。






…良かった。
今日はうーちゃんの「嬉しい」を探すことが出来た。
たったひとつだけれど、探すことが出来た。

毎日「痛い」や「苦しい」や「気持ち悪い」ばかりでは
生きているのなんて楽しいはずがない。
それでも頑張ってくれているうーちゃんの為に
精一杯生きてくれるうーちゃんの為に
介護人は一生懸命に「嬉しい」を、そして「楽しい」を探そう。

床の上?
喜んで這いつくばろう。
重箱の隅?
喜んで突っつきまくろう。
地球の裏側?
喜んで掘り進もう。




現在はまた
箱座りに戻ってしまったうーちゃん。

待っててくださいね
ねーちゃん、
必ず次の「嬉しい」を探して来ますから。

小さなおメメだから
「目を皿のようにして」じゃなくて「目を小皿のようにして」になっちゃうケド
必ず探して来ますから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。