上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.13 最強のバトン
…シッコが。
シッコが出始めたぁぁぁぁぁぁぁ(T_T)


飲んだ分も輸液した分もひたすら身体に溜め込んでしまい
ピークでは何と
600グラム近くも体重が増えてしまっていたうーちゃん。
ここ4日間は
とうとう身体の水分が飽和状態になってしまったのか
自力でお水を飲む事もピタリとやめてしまった。

それが追い討ちをかけたのか
お鼻がカラカラになり瘡蓋のようになって剥がれる程の酷い脱水状態なのに
それでも「輸液が出来ない」という空恐ろしい状態に突入。

無尿ではなく、乏尿。
諸般の事情で利尿剤は使えないと判断したけれど
このまま放っておいたら大変な事になる、と思ったのは
この症状が出始めた3月末。
けれど
主治医も、セカンドオピニオンをくださるMセンセも
揃えて頭を抱えるこの事態に…
介護人の乏しい脳ミソでは、何ひとつ出来る事が思い浮かばなかった。



そんな中
彗星のごとく現れた希望が、漢方薬。
うーちゃんと介護人の地域医療環境では到底望めないはずの。
けれど…何と
その高度代替医療である漢方薬を
ある方のご尽力でうーちゃんに譲っていただく事が出来たのだ(T_T)

ご迷惑がかかってしまうので詳しい事は書けない…
そのくらいの奇跡のようなルートを辿って
やって来てくれたのだ、「バトン」として…。

即効性が期待出来るというその漢方薬を飲み始めて10日目、
頑として増えなかったシッコの量が微妙に増えた。
そして
11日目の一昨日、ついに250グラム!
更に、12日目の昨日も250グラム!!
13日目となる今日も、順調に量を増やしている。


…これで
これでうーちゃんの身体の中のお水は
順調に循環するようになってくれるだろうか。
ほとんど動く事がなくなってしまったうーちゃんの
辛い、苦しいを減らしてあげる事が出来るだろうか。

シッコが減った原因を解明出来たわけではない。
そして
食べられない、飲めない状態に変わりがあるわけでもない。
シッコが出たら出たで
今度は「飲めていないのに…」という心配もある。

それでも。
負けない、負けるわけにはいかない。
このお薬の辿った奇跡のルートを思う限り。
そして
応援してくれるたくさんの声がある限り。


…Pちゃん、ありがとう。
うーちゃんを応援してくださるみなさま、ありがとう。








「お水おながいしまーす」とシリンジを持ったらこのお顔。
…目力が出て来た…のなら良いのだけれど(^^;)

080413.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。