上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.11 大切な事。
3月30日をもってキッパリ廃絶してしまったうーちゃんの食欲。
何をオススメしても匂いを嗅ごうとさえしてくれない。
「オイシイを用意してくれたですか?」と
フンフン動くうーちゃんのお鼻、大好きなのになあ。

今日も
「プイッ」とされるのを承知でオイシイ候補さんを「どーぞ♪」する。
こういう事は諦めたら終わりなのだっ!
…と、そう意気込んではいても
お水すらシリンジでしか飲んでくれない状態のうーちゃんなので
正直言って期待はしていなかった。

ところが…。

お鼻が。
うーちゃんのお鼻がフンフンと動いているではないか!
心臓が飛び出すかと思うくらいドキドキの介護人
器を捧げ持つ手がアル中患者のようにブルブル。

そして…。




ぺちぺちぺち~。

080411.jpg




うわあああああ~、
食べた、食べてくれたあ。
正確には「舐めてくれた」と言ったほうが正しいかもしれないけれど
そんな違いは今の介護人にとってどうでも良い事。
とにかく
自分からご飯に口を付けてくれたのだ!


グラム数に出ないくらいのほんの少しの量。
けれどこれは
約二週間ぶりの、偉大な偉大な自力ご飯。

片手に器、片手にカメラで
流れる涙も鼻水もそのままダーダー…という
汚い事この上ない介護人であった。



そしてこの後。
おもむろに、これまた約二週間ぶりのお毛繕いを開始。
甚だ横着な体勢ではあるけれど…
介護人を号泣させるにはじゅうぶんな出来事なのであった。









うーちゃん。
うーちゃんだって
本当はたくさん「オイシイ」したいですよね。
食べられなかったり、飲めなかったり
トイレに自分で行けなかったり…
それが一番辛いのは、うーちゃんなんですよね。

ごめんなさい、うーちゃん。
ねーちゃんね
そんな当たり前の事を忘れそうになってました。

うーちゃん。
ねーちゃんは闘います。
「アナタの為に」闘うのではなく
「アナタと一緒に」闘います。

うーちゃん。
大切な事を思い出させてくれて、アリガトウ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。