上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.07 手詰まり
何故だ…
今朝から突然、お水が飲めなくなってしまった。
膿が大噴出の時ですらせっせと飲んでくれていたのに
抗生剤が効いてきたらしい今になって、何故なのだ。

うーちゃん自身はとても飲みたい様子で
何度もお水入れの前に行くのだけれど
いかにも「イテテッ」という感じで諦めてしまう。
そして
あっちのお水なら痛くないかも…とでも思うのか
別の場所のお水まで行こうとするのだ。

余計なお世話かもしれないけれど
そのたびに介護人は、うーちゃんを抱いてお水の器を転々。
けれど
当然の事ながら、どこに行っても飲む事は出来ない。


そのうち
うーちゃん、以前好きだったお水の場所を思い出したらしい。
洗面所の扉の前に行って「うなぁーん…」。
もうほとんどお話してくれなくなってしまったうーちゃんなのに
一生懸命、本当に一生懸命に訴えるのだ。
「開けてくださーい」と…。
ふ・不憫だ(T_T)

もちろん介護人、大急ぎでうーちゃん用の洗面器にお水を汲んでセットした。
けれど何故かそれは却下。
それでも更に一生懸命に訴えているので
小汚いお風呂場の洗面器に汲み直してみた。

すると
やはり「イテテッ」となりながらも、ひと舐め、ふた舐め…。
どう頑張ってもそれで精一杯らしい。




追い討ちをかけるように
とうとう抗生剤の副作用と思われるケーが頻発。
ある程度の覚悟をしていたとはいえ
こうしてお水が飲めない状態でケーになるのは致命傷だ。
少しずつシリンジで飲んでもらっても文字通り「水の泡」になってしまう。

この状態で抗生剤を切るわけにもいかないだろう。
けれど…。


うーちゃんが少しでも楽ちんさんでいられるように。
それだけ。
それだけが介護人の願いなのに。








このお水もやっぱりイタイです…。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。