上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.02 アンガ?
うーちゃんはお話猫さまなので
一階に降りて来た時にはもれなく大きな声で自己主張してくれる。

「キタヨー、うっにゃーん!」

逆に二階に戻る時にも
お供が必要な時にはお知らせしてくれる。

「アガルヨー、うっにゃーーーーん!」




本日お昼前。
一度広縁で落ち着いたうーちゃんが
階段下で「アガルヨー」と合図をしている。
これが聞こえると全てを放り投げて駆けつけるのだけれど
今日はたまたま火を使っていて5秒程(笑)出遅れてしまった。

すると…
母の部屋の戸が開く音がして
続いて
「あら、うーちゃん、あんがしますか~?はいはい~」という声が。
介護人、思わずその場で蹴躓きそうになった。

「アンガシマスカー」だとぉ~?

介護人、母との付き合いもかなり長いけれど
彼女の赤ちゃん言葉は初めて聞いた…。
あまりにもびっくりして、そのまま10秒程フリーズしてしまったではないか。

気を取り直して二階へ急ぐと
母は定位置にうーちゃんを寝かしつけている真っ最中。
顔面総雪崩で
「ねんねんかんかんよ~♪」などとやっている。

うわ…。
介護人自身は日に何回も同じ事をやっているし
思わず赤ちゃん言葉にもなっているけれど…
ハタから見るとこんなに不気味なものだったのか。
アイタタタ、痛過ぎる…(^^;)


心優しいお猫さま馬鹿隊のみなさま。
どこかでこんな不気味な妖怪を見かけても
どうか、見て見ぬふりをしてやってください。
おながいします…。







かーちゃん、コレ、オイラのオイシイ?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。