上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.26 スカッ!
うーちゃんの定位置は言わずと知れた介護人のベッドの上。
もともとロータイプのベッドなのだけれど
うーちゃんの負担を少しでも減らしたくて
足の部分を取り外して更に低くして使っている。

その高さ約22~3センチといったところだろうか。
今のところ不自由を感じているような様子はない。


午前中。
お水を飲みに定位置から抜け出したうーちゃんが
「さて、戻るとしましょうか」とベッドに歩いて行ったので
介護人も急いでスタンバイに走った。

「はい、ど~ぞ。 
 お水飲めて偉かったですね♪」

そう言って毛布をめくってうーちゃんが上がるのを待っていたら…
うーちゃん、位置取りをほんの少し間違えたらしく
ベッドの淵にかけようとしたおテテが見事に…スカッ!
アニメか何かの効果音でも聞こえるような見事な滑りだった(^^;)

幸い、少しバランスを崩しただけで
転がり落ちるような大事には至らなかったのでホッ。
と同時におかしくてたまらない。

本当は笑っている場合ではないのだとは思う。
けれど…
あまりにも目の前で目撃してしまったので
そして
あまりにもうーちゃんがムッとした表情になっていたので
吹き出しそうになるのを堪えるのが大変になってしまったのだ。
ここで笑ったらうーちゃんのプライドを傷つけてしまう。
耐えろ、耐えるんだ!
…と必死で奥歯を噛み締めた介護人なのであった。


実は
この高さでも不自由を感じる日がやって来る事を想定して
すでに踏み台は用意してある。
ただそれが、現在、蘭子の台になってしまってはいるけれど(^^;)

…うーちゃん、
踏み台さん、もうひとつ仕入れて来たほうがよろしいでしょうか?
え?いらんお世話ですか!?






…平気だもんっ。

080226.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。