上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母のリクエストで
おやつに大判焼を買いに行った。
介護人の分は当然、うーちゃんの大好きな「あずき餡」だ。

家に戻り
荷物を置きがてらうーちゃんにご報告。

「うーちゃん 
 あんこさん買って来ましたからね。
 あとで分けっこしましょうね、待っててくださいね」

そしてキッチンでお茶を入れ
すぐに部屋に戻ろうとしたのだけれど…。
ちょっとだけ
ほんのちょっとだけ新聞が読みたくて広縁で寄り道をしてしまった。
するとすかさずうーちゃんからのお呼び出し。
「うわーーーーーん!」

あ、シマッタ。
やっぱり怒られた(^^;)

大急ぎで部屋に戻ると
うーちゃん、定位置で毛布に埋もれたまま
お顔だけ出して「あんこ待ち」をしていた。
何だかすご~く偉そうなのだけれど、まっいいか(^^;)




夕方。
水郷のとりやさんで焼き鳥を買って来た。
「夕飯チェック」に来てくれたらご馳走しようと
介護人、キッチンで味抜きに勤しんでいた。
何度も何度も熱湯に通して一心不乱(笑)に下ごしらえ。

するとまた、うーちゃんの声。
「うわぁぁぁぁぁーーーーん!」

今度は近いぞ、と思って
居間との境の引き戸を開けたら…
そこには、お鼻を思いっきりフンフンさせているうーちゃんが。

あらっ、いつの間に!
大好きな鶏さんの匂いをキャッチしてくれたのだろうか。
うーちゃんのお鼻ったら、本当に素敵なお鼻だこと(*^_^*)
せっかくなので
かなりフライング気味だったけれど
大急ぎでコタツに戻って「美味しいタイム」となったのだった。


ちなみに。
夕飯の時にも、しっかりもう一度登場したうーちゃん。
満足するまで食べて
何故か偉そうに介護人の膝でくつろぐのであった…。




食べたぜ、食べてやったぜ~!






うーちゃん。
あんこさんでも鶏さんでも何でも良いです。
うーちゃんが好きな物を
好きな時に好きなだけ召し上がってくださいね。

ねーちゃんね
最近改めて、とっても強く思うですよ。
オイシイは幸せ、オイシイは楽しい。

「生きてるってオイシイなあ」って…
うーちゃんにそう思って過ごして欲しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。