上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.29 肉球イタイ
ケーの頻発、そしてピーという状態に
これはヤバイ…と顔に縦線が入る介護人。

けれどうーちゃん本猫さまは
合間に「おうどんくださいな~」(^^;)
結局それも全てケーにはなってしまったけれど
その心意気が頼もしくて有難い。

うーちゃん、ありがとう。




冷蔵庫の大掃除で疲れ果て
昏々と眠るうーちゃんのあんよをボーッと見ていた時の事…。

傷ひとつないはずの自慢のピンクの肉球に
ポツンと瘡蓋のような物が見える。
あら。
あらあらあらあらあら。
これは何?

何気なくひょいっと引っ張ったら
何と…
まわりの皮がへろへろへろろ~ん!と大量に剥がれてしまったのだ。
しかも、かなりの厚みで。
まさかそんな事になると思っていなかった介護人、びっくり。
慌てて近付いて良く見たら
こんな事になってしまっていた(T_T)








画像で見るより、実際はもっと赤みが強くて
介護人、思わず「なんじゃこりゃー!」と叫んでしまった。
自分の手がこれくらい荒れても
全く気にしないのだけれど…
大切なうーちゃんの大切なあんよだと思うとアタフタしてしまう。

取り敢えずは清浄綿で清潔にして
様子を見ようと思うけれど…。


うーちゃん、
何かバッチイ物でも踏んだですか?
イタイイタイですか?
歩くの、ダイジョブですか?
何も考えないで引っ張っちゃってごめんなさい(T_T)
お薬いりますか?
イタイのイタイの飛んでけ~!しますか?
えーっとえーっと
何かねーちゃんに出来る事、ありますか?






ダイジョブだから放っといてちょーだい。

071229b.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。