上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.21 新たなる敵
そろそろ輸液のタイミングのようなので通院。
…けれど実は
今回の輸液の前には
確かめておかなくてはいけない事があるのだ。

11月中旬からの不調を見ていて
介護人には、とある確信が芽生えていた。
…肺だ。
もし。
もし胸水や腹水(実はこちらの心配もあるのだ・汗)があったら
輸液ひとつでもややこしい事になってしまう。
闘う敵を見つけたところで術もないので
もうレントゲンは撮らないだろうな、と思っていたけれど
こうなると話は別だ。
知っているのと知らないのとでは天国と地獄。

というわけでレントゲン撮影。
結果は…ビンゴ。
ごく僅かではあるけれど
胸部に水のように見える物が写っていると。
そして
更にいくつかの気になる点も発見。


またしても
意地悪ないじめっ子の登場というわけだ。

…上等ではないか。
好きなだけ殴るなり蹴るなりしたら良い。
介護人はうーちゃんの上にぴたりと覆い被さって
1ミリたりとも動かない。
それだけしか出来ないけれど
それだけは出来る。
いじめっ子よ、
オマエの腕が折れるまで、介護人は決してここを動かないから
そのつもりでかかって来い。


今更ひとりふたりの敵が増えたからと言って
ジタバタしても仕方がないし、そのつもりもない。
介護人は…
いつものように
これまでの通りに
全身全霊でうーちゃんのご機嫌さんを死守して行くだけだ。


当のうーちゃんは
「ダルメシにゃん」で通院したので
大好きなおねえさんに「可愛い!」と言ってもらって
鼻息も荒く「んふ~っ♪」

家に戻って定位置にご案内した時には
「お疲れさまでした、ありがとね」とお礼を言ったら
介護人の顔をしっかりと見て
「うなん♪」


うーちゃん。
ねーちゃん、信じて良いですね。
うーちゃんはしっかりと、ねーちゃんの防護壁の中にいてくれると。
ねーちゃんを盾にして
まだまだ、まだまだご機嫌さんでいてくれると。

ねーちゃん、頑張りますから。
うんとうんと頑張りますから。
見ていてくださいね、へっぽこのド根性を!







コタツ脇でぐるぐる巻きにされていた。犯人は母だ(^^;)

071221.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。