上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
介護人の自宅前のテナントには
店子さんのひとつとして英会話スクールが入っている。
ネイティブの講師がウリなので
当然、外国人の「先生」も通って来ている。


今日
いつものように玄関前でうーちゃんとまったりしていた時の事。
普段はあまり見かけない「先生」が
うーちゃんを見つけるなり
教材らしい大きな荷物を抱えたまま、どどど~っ!と突進して来た。

「Wowooooooo! C…cat~~~~~~!?」

お洋服を着てハーネスを着けて
ニンゲンとお日向ぼっこ中のうーちゃんをエラク気に入ってくれたらしい。
次々に色々な事を聞いてくれるので
介護人も思わず英語で応戦(←オイオイ)

うーちゃんの名前は「rabbit」という意味なのだと教えたら
何故かとっても喜んでくれて(笑)。
彼・ジョンさんも故郷オクラホマで
白地に茶のブチ猫さん(介護人解釈・笑)と暮らしていたそうだ。

途中からうーちゃんを抱っこしてお話していたら
うーちゃんったら
「うな~ん?うなな?」と積極的に会話に参加してくる(^^;)
…あらら、うーちゃん?
「知らない男の人」はあまり得意ではなかったのでは!?

しかもうーちゃん
ジョンさんの人差し指にテシッ♪とおテテを置いて「握手握手♪」。
もちろん、ジョンさんは大喜びだ。
もう、顔面総雪崩で
「Pretty! Cute!」を大連発してくれる。

…ジョンさん、
もしかしなくても立派な「お猫さま馬鹿」ですね?

お仕事を始めなければならないジョンさん
名残惜しそうに、振り返り振り返りテナントへ戻って行き…
後には
何だかほっこり嬉しいキモチのひとりといっぴきが残ったのであった。


それにしてもうーちゃん。
ここまで会話に参加してくれてしまうなんて
ホントに英語がお得意なのですねえ。

ねーちゃんはずっと
「うーちゃんに発音チェックされているかも…」と思って
緊張してしまいましたよ(^^;)

ちなみに
ねーちゃんの英語、イケてましたでしょうか…?





…いいんじゃない?「会話は気合い」なんでしょ?

071214.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。