上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ども、オイラ、う~です。
久し振りの呟きです。
長~くなりそうなので
お時間のあるみなさまだけ、どーぞ(笑)









「ちょっとビョーイン行って来ます」
ねーちゃんが言うから
オイラのお薬を貰いに行ってくれるのかと思ったら
ねーちゃんが行ったのはニンゲン用ビョーインだった。

しかもなかなか帰って来なくて
オイラは一体どうしたのかと心配になった。

帰って来たねーちゃんは
盛んにブツブツ言っている。
お薬を処方して貰ってサクサク帰って来られるとばかり思っていたのに
あっちこっち検査に回されて不本意だったらしい。

「全くもう。
 あっちもこっちも辛気臭い顔ばっかり。
 病気を治しに行っているんだから
 治る為に行くんだから、もう少し明るい顔は出来ないのかしら。
 あの雰囲気だけでビョーキになっちゃうわっ」

おいお~い、ねーちゃん。
言いたい事はわかるですケド、それはあまりに暴言では…。
つまりは
ビョーインが好きじゃない上に
オイラと離れている時間が長くなっちゃったから
頭の回線がブチ切れちゃったですね…。

そんな嫌いなビョーインなのに
来週、また検査に行かなくちゃなんだって。
その長~い難しそうな検査の名前を聞いて
オイラ、また一気に心配になった。

そう…
3年前、ねーちゃんが手術入院しちゃった時の事を思い出したんだ。

うわあああ。
オイラのご飯は!?
オイラの運光さまのお片づけは!?
オイラの腕枕さんは!?

かーちゃん?
かーちゃんはダメダメ。
今日だって、ねーちゃんに言われた時間に
「ご飯どーぞ」をしに来てくれたのは良いんだけど
その後、部屋の扉を全開にして出て行っちゃって。

「うーちゃんの咳が少しでも楽になるように
 加湿器をつけっ放しにしていたのに!」って
ねーちゃん、マジ怒りしていた。
こ・怖いよお~。


…おっと。
本当はこんな事を心配しているんじゃないんだ。
実はねーちゃん
あの時はとんでもなかったんだ。

日帰り手術にして!と先生に無理難題を吹っかけた挙げ句
どうしてもダメだとわかると
ナースステーションの責任者のおねえさんに
「外出許可っ!」を連呼する迷惑患者に。

そして
術後は術後で
優しくて人の良さそうなお兄さん先生が
「早く帰りたいんですよね、
 それじゃあ明日あたり退院にしましょうか」と言ってくれたら
「いえ!
 今帰ります、今からすぐ帰りますっ」と言い放ち
先生を会計にパシらせちゃったんだよ。
もう夕方で、会計は閉まりそうになっていたのに。

しかも
会計のお兄さんが息を切らして病室に駆け付けた時には
ねーちゃん、身支度完璧で入り口に立ちはだかり
「早く会計書をくださいなっ」オーラ全開。
え?
会計のお兄さん?
もちろんビビってたってさ。


ねーちゃんはね
とにかく、1分でも1秒でも早く
オイラのそばに帰って来たかったんだって。
誰にどんな顰蹙を買ったって
そんなのどうでも良かったんだって。

つまりオイラは
もう一度こんな事が起きるのを心配してるわけなんだ。
おちおち寝込んでもいられなくなっちゃったよ。


ビョーインから帰って来たねーちゃんは
さすがにちょっと疲れているみたいだった。
だからオイラ
お昼寝の時に大サービスしてあげた。

オイラ自身
もういつ以来かも覚えていないんだけど
今日は「大イビキ」かいてみたの。
オイラがぐぅぐぅ言って寝ていると
ねーちゃんは目を細めて喜んでくれるから。

案の定。
ねーちゃんは
「あらあら、うーちゃんちゃ~ん。
 今日はご機嫌さまなんですか~?良かったですね♪
 ねーちゃんうれぴー」
…なーんて言っちゃって自分も大イビキさ。
ま、
こういう単純なところは助かるけどね。


ねーちゃんはいたってケロッとしてる。
「素人があれこれ考えたってしょーがないしぃ~。
 それよりもね
 うーちゃんの今日の晩ご飯を何にしたら良いかのほうが
 ねーちゃんにとっては重大問題!」
なんだって…。


その後お薬を貰いに行ったと思ったら
どこかで寄り道したらしくて
大きな荷物を抱えてニコニコ顔で帰って来るしさ。

「うーちゃんちゃぁ~ん
 また、ふっかふかの毛布さんを見つけちゃいましたぁ♪
 きっと気持ちがイイですよ、うふふ~♪」


ねえ、みなさま。
オイラのねーちゃんって…
やっぱりどこかネジが外れちゃってると思いませんか!?

オイラ
やっぱり寝込んでいる場合じゃありません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。