上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.30 自力ご飯
寒いと思ったら1月下旬の気温とか。
勘弁して欲しい…。

うーちゃんも寒いだろうと思い
ペットボトルゆたんぽを2個に増量してL字型に置いた。
ぽっかぽかで気に入ってくれたのなら嬉しいのだけれど
うーちゃん、今日も全くそこから出て来てくれない。
介護人、思わず何度も
「息していますかぁ~?」と確認してしまう始末だ。
…なんだかなあ…。


けれど今日は、ひとつ嬉しい事があった。
ミルクの時間だけれど起こすのが可哀想で
定位置の前でう~んう~んと唸っていたら…。

ダメもとで持って来たほとんどスープなご飯に
少しだけお顔を突っ込んでくれたのだ。
いやもう、本当に嬉しくて
もの凄い勢いでうーちゃんを褒め称えてしまった。

「うーちゃんカッコイイ~!」
「うーちゃんオットコマエ~!」
「うーちゃんさっすがぁ~!」

ほんの少しだけお鼻の形に凹んだご飯。
それが今の介護人にとってどれだけ嬉しい事か…。
量ではない
量なんてこの際、二の次だ。


ありがとありがと、うーちゃんアリガトウ。
食べたら、食べた分だけきっと元気になれますよ。
きっときっと、ご機嫌さんになれますよ。
ありがと、うーちゃん。
自分でご飯、ありがとう。






はぁ、どっこいしょ…。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。