上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お外見だけでもいかがですか
気分がスッキリするかもしれませんよ?
…と、うーちゃんを抱っこして玄関前へ。

すると
お鼻をフンフンさせて降りたそうにしている。
…あら?少し調子が良いですか?

玄関前は陽が翳って少し肌寒かったので
陽当たりの良いお隣の資材置き場まで行って降りていただいた。
そのままそこでじっとしていると思ったのだけれど
しばらくすると辺りをウロウロ。
どうやら、青空運光さまな気分になってくれたらしい。

踏ん張り一発(笑)
見事に黒運光さまを産み出したうーちゃん
何故かおもむろに、とある方向に向かって歩き出した。
それは家とは逆方向の、カワイコちゃんとの待ち合わせ場所

いつもは
運光さまを済ませるのがお散歩終了の合図で
うーちゃんは家に向かってまっしぐら。
なので当然
回収した運光さま袋もすぐに捨てる事が出来るのだけれど…。

そう、今日の介護人は
うーちゃんに付き従い、中身入りの運光さま袋を持ったまま
お散歩を続行するハメになってしまったのだ。
回収袋と言っても、普通のポリ袋。
手に持ったまま歩いていると、それはそれは素敵なにほひが…(^^;)

ぽて、ぽて、という音が聞こえるかと思うくらい
ゆっくりゆっくりと歩くうーちゃん。
その後をこれまたゆっくり、ぽてぽてと歩く介護人。
思わず変な鼻歌も出てしまう。

「くっちゃいくっちゃい、くっちゃいよ~♪」


何かの罰ゲームかとも思うようなお散歩だったけれど
介護人はそれでもとても幸せだった。
うーちゃんの後を
うーちゃんの運光さまを持って歩けるのだもの。
介護人の前には、確かにうーちゃんが歩いていてくれるのだもの。

介護人の鼻歌が変わる。

「くっちゃいくっちゃい、嬉しいな~♪
 くっちゃいくっちゃい、ありがと~♪」






…だからって、目の前に置かないでくれる?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。