上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.20 ご相伴
ここ3日程
夕飯を食べているとうーちゃんが二階から降りて来る。
それはそれは大きな声と共に…。
そして
真っ直ぐに介護人の元へやって来てお鼻をフンフンさせる。

一昨日は、串焼きのてっぺんに刺さっていたメカジキに反応したらしい。
大急ぎで分解して、味のついていない所を取り出し
「はい、どーぞ」。

昨日は揚げ物だったのだけれど
晩酌のおつまみに鰹のタタキがあった。
また今日も反応したりしてね、と言って笑っていたら
その途端に「うにゃーんにゃーーーーんっ!」
…大急ぎで湯通ししましたとも。

そして今日。
今日こそはうーちゃんの好きそうな物はないな、と思っていたのだけれど
きっちりいつもの時間にやって来た。
さすがに今日は大人しい(^^;)

それでも、どうしてもお鼻のフンフンが止まらないので
甘い金時豆の皮を取って、中身を潰して「どーぞ」したら。
あらあら…
ウマウマウマ~♪とあっという間に完食。
追加追加で、合計4個分のお豆さんがうーちゃんのお腹の中(^^;)

その後も
「もう少し何かくださいにゃー」と介護人を見つめる。
仕方がないので、水餃子の皮を差し出すと
…あらあらあら
これもまたウマウマウマ~♪とペロリ。
うーちゃん、
最近嗜好が変わりましたですか!?

満足した後のうーちゃんは
それはそれは幸せそうにお顔を洗う。
テレビの前にどーん!と陣取って、長い時間をかけて。
そんな姿を見ていると
「大した物を食べたわけじゃないのにねぇー」と
食卓の一同は思わず苦笑いをしてしまうのだ。


ナトリウムがどうとか、リンがどうとか…
そんな難しい事はさっぱりわからない二十年前から
「ニンゲン用に味付けした物はお猫さまの身体には良くない」
それだけは徹底して守ってきた我が家。

なのでうーちゃんは
数年前までは、お正月のお餅や記念日の鶏さん以外には
本当にニンゲンの食べ物のご相伴にあずかる事はなかった。
ゆえに
食卓に来ておねだりする事もなかった。

けれど今。
こんなに嬉しそうに食卓の脇にちょこんとスタンバイするうーちゃんを見ていると
果たしてそれがうーちゃんの幸せだったのかと疑問に思ってしまうのだ。


うーちゃん。
ちょっと遅くなっちゃったけど
これからはたくさん、オイシイの分けっこをしましょうね。
…もうじゅうぶんです。
我慢ばかりの時間は、もうおしまいです。
オイシイは楽しい。
楽しいは幸せ。


うーちゃん。
生きてるって、オイシイですね(*^_^*)







お豆さんと水餃子のインターバル。目が真剣(^^;)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。