上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.06.15 雨の日は眠い
雨の日のお猫様は、眠い。

いつもは、雨が降っていても
「お散歩に行く!」と玄関にスタンバイし
実際に外に出てから
「あ、雨じゃん」と納得して中に戻るうーちゃんも
今日は大人しくハウスの中に籠っている。

ゆえに、今日は
広縁のうーちゃんハウスのまわりが
「何でも揃ううーちゃんパラダイス」となる。

介護人も足しげく広縁に通い
ご飯やお水をお勧めする。

…と。
何を思ったか、この天気の悪い日に
母がいきなり家中に掃除機をかけだした。
刻々と広縁に迫り来る掃除機を
ハウスの中で戦々恐々と待ち受けるうーちゃん。

だだ~~っ!ついに逃亡。
行き先は和室だった。
介護人、お供をして一緒に避難してみた。

和室に入っても落ち着かない様子だったので
「こちらへどーぞ」と出窓をお勧めしてみた。
するとすぐに、ぴょん!と飛び乗った。
そして
レースのカーテンに隠れて
介護人の顔と、掃除機の音のする方向を交互に見ている。

「だいじょーぶですよ、
 仕方がないからお外見でもしましょ」と
ひとりといっぴきでお外見をする事にした。

出窓にあがったうーちゃんと同じ目の高さ。
うん、これ、なかなか良いかも。

しばらくすると
「うーちゃん、お待ち遠さまー、終わったよー」と母の声。
その声にさっと振り返ったうーちゃんは
すっくと立ち上がり、即、出窓からおりた。

そして、和室を出て小走りで広縁に戻り
ハウスにすぽっ!

あまりに「待ってましたぁー」という感じだったので
ちょっと笑ってしまった。

その後、またお籠り。
雨の日のお猫様は、やはり、かなり眠かったらしい。


母の声に振り返った瞬間。
DSCF0473.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jijineko.blog6.fc2.com/tb.php/101-73d205a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。